So-net無料ブログ作成
検索選択

東京のキャバクラのキャバ嬢のチームプレイ [東京キャバクラ情報]

東京のキャバクラでの仕事(体入)中、ヘルプの女の子に鳥肌の立つよう なスルーパスを通すわけでも、オラオラ営業で2人、3人と ボトルを抜き去るわけで も、目の覚めるよ うなスマイルを突 き刺すわけでもな い。つまり、決し て目立つ存在の体入キャバクラ嬢では ない。しかし、キャバクラ体入で目 立たないというの は、彼女にとって最大の賛辞かもしれない。 かつては東京のキャバクラ体験入店で爆発的な体入接客ランニングと神出鬼 没なテーブルでのポジショニングで相手男性をきり きり舞いさせたが、今の体入での営業スタイルは、む しろその逆。無駄なセクシープレーは限りなく省 かれ、味方の体入キャバクラ嬢にとって、いてほしい所に当 たり前のようにいる。 あまりにさり気ないから営業中目立ちはしな いが、当たり前のことを当たり前にこな すことの難しさを誰もが知っているか ら、東京のキャバクラのキャスト仲間は「ニュウさんがいる から、攻守においてキャバクラ体入チームがスムーズに 機能する」と賛辞を贈る。10月5日に行なわれた27節のクラブベガルタでの仕事、先発したクラブティエラの羽生が32 歳にして通算300出勤(本入・体入)を達成 した。キャバクラでの300(体入合わせ)出勤は22年目の歴史にお いて通算73人目。大卒体入キャバクラ嬢に限れば16人 目となる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0