So-net無料ブログ作成

東京のキャバクラのキャバ嬢には、楽観的に 物ごとをみるとい う特徴がある [東京キャバクラ情報]

若い女の子って30歳が近づくと色々と焦るって聞きますが、20代半ばになってもうキャバ嬢人生半分しかないと思う東京のキャバクラ嬢のほうが、実は将来の不安に備えて、より準備をしておこうとする傾向が高い。
そうやって何も考えてないように見えて準備をするのが、東京のキャバクラで働く女性の特徴。
そして東京のキャバクラ街、新宿歌舞伎町や六本木や池袋や渋谷や上野では時折客席でキャバ嬢とお客さんでトラブルになる事もあるが、最近のキャバ嬢の子はそういったキャバクラトラブルとか不測の事態にも強い。
「キャバ嬢人生まだ半分ある」という考え方、特に新宿歌舞伎町のキャバクラで働く最近のキャバ嬢には、楽観的に物ごとをみるという特徴があります。
ポジティブで良さそうに聞こえますがしかし、これにはデメリットもあります。「まだ半分ある」と余裕を持ってしまうと、なかなか、そこから成長したり、工夫したりしようとする意欲がわきにくい。モチベーションが上がりにくい。
それに対して少数ですが「もう半分しかない」という東京のキャバクラ嬢。こういうキャバクラ嬢は「もう半分しかない」と焦るので、新宿歌舞伎町や六本木や池袋のような東京都心部にいてモチベーションを高く維持することができて、放っておいても自分で努力したり、工夫したりできるという特徴があります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。