So-net無料ブログ作成
検索選択

東京のキャバクラだ働くキャ バ嬢の心理についての話ですが

東京のキャバクラだ働くキャバ嬢の心理についての話ですが、まずセロトニントランスポーターというタンパク質があります。脳の中にセロトニンが出るときというのは、神経細胞同士のつなぎ目に放出されるんですが、セロトニンを分泌しちゃったら、「余ったセロトニンはどうなるの?」という疑問がわきません?
その余ったセロトニンを、セロトニントランスポーターが再取り込みをして、また分泌するというようなかたちになるんですね。
このセロトニントランスポーターの数が東京のキャバクラで働くキャバクラ嬢によって違う。基本的にキャバクラで働く人は多めなんですが。リサイクルポンプの数が違うというわけですね。リサイクルポンプの数が多い東京のキャバクラ嬢と少ないキャバクラ嬢と、中ぐらいのキャバクラ嬢がいます。
セロトニントランスポーターに関しては、これを多く作りなさいよと命令する遺伝子Lと、少なく作りなさいよと命令する遺伝子Sがあって、その組み合わせで、そのキャバクラ嬢のもっているセロトニントランスポーターの数が決まります。

・東京都北区、赤羽のキャバクラ『ナラ』
タグ:キャバクラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。