So-net無料ブログ作成
検索選択

子持ちキャバクラ嬢の仕事

子持ちでいながら夜の仕事をするキャバクラ嬢は新宿歌舞伎町や六本木や池袋をはじめ東京のキャバクラにはとても多い。ナイトワークをする若い男女に分けありの人が多いのは周知の事実だが、この子供がいてナイトワークで働くというのは、女性だけの話だろう。約200店のホストクラブがある新宿歌舞伎町でも、子持ちのホストなどはいないだろう。まあホストはキャバクラや風俗などのようにすぐに高収入を稼げないから、というのも一つの理由だろうが。さて、この「子持ちキャバクラ嬢」というのは、ゼロ歳から3歳まではキャバクラで働く母親が側にいて育てないと子どもに悪影響をもたらすとする、東京のキャバクラ業界的にまったく根拠のない説で、前述した池袋支部の役員が推進する「キャバクラ仕事学」などの基礎となっているものだ。ようするに、町田の役員は復古的キャバクラ嬢理論にもとづいて、夜の仕事で働く子持ちキャバクラ嬢を子どもの側にいさせるために延長営業を導入しようとしているのではないか、というのだ。 そして、「3歳までは休めるんだからキャバクラの仕事をしてはいらないだろう」との理屈でキャバクラ求人を増やさない言い訳にするつもりではないのか、と。いずれにしても、東京キャバクラ業界の仕事場に体入・本入と問わず必要なキャバクラ嬢は、こうした現実を無視したキャバクラ主義的政策ではない。 むしろ、銀座のクラブやキャバクラのように今のキャバクラ体入が人気の時代の価値観にもとづいたキャバクラ求人政策を勧めるべきだろう。銀座のクラブやキャバクラはキャバクラ嬢の社会進出やキャバクラ嬢の子育てを支援する様々なキャバクラ法・キャバクラ業界環境整備を行っており、その結果、銀座GUの中でもトップクラスの出勤率とキャバクラ体入労働率の高さを誇っている。『銀座のナイトワーク・ナイトライフ・ナイトバランス』(石神井久仁子、上野広小路他編著/パブ・コンサル・オフィス)というキャバクラ仕事論について書かれた本によれば、その基盤にあるのはキャバクラの仕事などのナイトワーク・ナイトライフバランス、「男性も女性も、家庭、職業、キャバクラ体入民的活動という3つの領域でバランスよく生活できること」だという。

春はキャバクラ新店たくさん? [ちょっとした話]

春から夏にかけて、なんだかキャバクラのグランドオープン、リニューアルオープンが多い気がします。

自分がたまたま意識しているからなだけでしょうか?

オープンといってもこれには色々な種類があります。

新しく場所を借り、内装を作り、女の子を集めた純粋なグランドオープン、

場所も女の子も一緒で、内装と店名だけを変えたオープン(リニューアル?)、

そして、ただ名前だけを変えたオープン・・・、

大体のキャバクラのニューオープンというと、この3パターンです。

しかしこの三つ目のオープンでも、求人サイト等を見ると堂々と

「ニューオープンの為、大募集」「みんな1からのスタートです」

なんて書いてあるからびっくりです(・_・;)


かと思えば、純粋なグランドオープンは本当にお金がいります。(自分が開店したわけじゃないですが)

家賃・内装などは勿論大金がかかりますが、それは最低限営業する以上必要なもの、

では何がお金がかかるかと言えばそれはキャバクラの一番の顔、女の子、の人件費。

なにせ新店は過去の実績・知名度がない為、客入りに関しては全く読めないので、

当然働きに来る女の子も不安だらけ、

そしてその不安はお金(保証時給)でカバーして募集するしかありません。

なので正直売上が見込まれない女の子にも、ガンガン良い保証時給が出されます。

そして勿論その女の子達を供給する自分達業者にも、通常より大目の料金を提示してもらえます。

なので結果的に自分達(女の子含め)にとってはグランドオープンのお店は嬉しい事といえば嬉しいのですが、

やはりそれだけ頑張ってもらっただけに、オープン後は本当に成功して欲しいと願うばかりです。

過去にはオープンして2ヶ月で潰れたお店もありましたからね・・・。

ここ最近いくつかオープンした池袋新宿・六本木・赤坂恵比寿練馬、等などのキャバクラ店舗さんには、

ニッパチ(2月・8月)が来る前に精一杯お客さん、売上を蓄えて欲しいものです。



・相談のできる東京のキャバクラ求人はこちら → キャバクラ求人[よるこね]
東京のキャバクラ情報

都内キャバクラ街に台風接近

東京都内のキャバクラ街に台風接近!?
最近東京のキャバクラ街に大きな台風が接近していますねぇ。六本木新宿歌舞伎町池袋など、お店の多いエリアは客入りが心配です。キャバ嬢のアルバイト紹介をしてるときも雷がごろごろしてましたし。そしてその後には東京新宿歌舞伎町のキャバクラのネオンが・・・じゃなくて雷がピカッ!雷のように店頭で看板をちかちか照らしている東京のキャバクラ求人もありますが、それどころじゃないです。明日は更に接近するみたいで、東京のキャバクラ業界は集客どうなることでしょう。池袋や新宿歌舞伎町や渋谷や上野のキャバクラはキャッチの人が大変そうだなぁ・・・。というか、東京のキャバクラ求人は日曜休みが多いから(地方のキャバクラ求人も一緒でしょうが)、日曜に台風が一番東京キャバクラに接近してくれるのが、一番いいのかもしれませんね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。