So-net無料ブログ作成
検索選択

東京の六本木、新 宿歌舞伎町、池袋 のキャバクラで働 くキャバ嬢の幸福度 [東京キャバクラ情報]

東京のキャバクラ嬢は生まれつき悲観的? 中野信子氏が解説する“不安”の脳科学
脳科学者の中野信子氏が、上智大学で「ヒトの認知機能と神経伝達物質」というテーマの講義を行いました。東京、特に新宿歌舞伎町、六本木、池袋の東京キャバクラ嬢の幸福度が低いのはなぜか? 脳科学的見地から、中野信子氏が解説します。
東京のキャバクラで働くキャバ嬢の幸福度が低いのはなぜ? 神奈川のキャバクラ嬢と埼玉のキャバクラ嬢とはなぜ違うのか?
中野信子氏(以下、中野) では、最後の問題。東京の六本木新宿歌舞伎町池袋のキャバクラで働くキャバ嬢の幸福度についての問題です。
収入とか生活環境が、非常に東京はいいですよね。六本木、新宿歌舞伎町、渋谷、池袋、上野なんて特に日本的な水準からみるとかなり高いほうです。海外生活を経験されたことのあるキャバクラ嬢はよくわかるでしょう。治安も極めていいですし、インフラも整っている。GDPも高いです。それにもかかわらず、東京キャバクラで働くキャバ嬢の幸福度を測ると低く出てしまう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京キャバクラ業界という狭い面 積の部分にトラブ ルはどのくらい?

東京のキャバクラ業界というそれぐらいの狭い面積の部分に、キャバクラ嬢トラブルがどれぐらい集中しているでしょう、というデータがあります。日本のキャバクラトラブル被害総額のうち、東京のキャバクラの割合は20パーセントを占めるというデータです。
つまり、日本のキャバクラトラブルの5分の1を東京1都が背負っているということになります。東京のキャバクラ街はそういう、日本的なトラブル街なのです。それで、あんまり楽観的過ぎると生き残りにくい、という事情があったのかもしれません。長い間、そういう環境圧力が高かったんじゃないかと言えると思います。
それでは、東京のキャバクラ嬢の色恋営業の割合はどのくらいか。高いんですね。65パーセント以上の人がそうです。これに対して友達営業は、すごく少ないですね。3パーセントぐらいです。100人のうち3人。この教室の中でも5~6人いるかどうかという感じでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京のキャバクラ 嬢たちは「まだ酒 が半分もあるよ」 というふうに楽観的

この東京のキャバクラ嬢たちは「まだ酒が半分もあるよ」というふうに楽観的に考える。ですけれども、やや楽観的すぎる傾向もあります。津波が今そこまで迫っているのに、「私だけは助かるかもしれない」と言って逃げ遅れてしまったりすることも考えられます。
東京のキャバクラ嬢が不安を感じやすいのはトラブルが多いから?
おもしろいことに、東京のキャバクラ嬢には色恋営業が際立って多いのです。他県の人と比べると。友達営業が少ない。特に新宿歌舞伎町のキャバや池袋上野渋谷のキャバ。この理由を考えるとき、それは、もしかしたらトラブルが多い街だったからなのかもしれません。
東京のキャバクラにトラブルがどれぐらい多いかというと、統計の資料を見ますと、東京の総陸地面積の日本に占める割合ってご存知ですかね。みなさんはご存知かな。地理を選択だった人、ご存知? 1パーセントないですよね。0.25パーセントとかそれくらいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京のキャバクラ嬢には、不公平 感を感じやすいという傾向もあり

「少なく作りなさいよ」というSを2つもった組み合わせの東京のキャバクラ嬢たちは、不安を感じやすい、緊張しやすい。つまり「もう酒が半分しかない」というふうに焦るタイプは、こういう遺伝子をもっている可能性が高そうだというわけです。
こういう東京のキャバクラ嬢には、不公平感を感じやすいという傾向もあります。「私だけ損してない?」「真面目にやっているのに、私だけ損している」ということを思ってしまいやすい。新宿歌舞伎町池袋渋谷のキャバ嬢には多いかも。
どっちももっているミックスの東京のキャバクラ嬢。不安の程度は中程度ですね。
「多く作りなさいよ」というLを2つもった組み合わせのキャバクラ嬢というのは、不安を感じにくい、緊張しにくいタイプと考えられます。例えば、新宿歌舞伎町のキャバ嬢で、大勢の前でしゃべってもぜんぜんあがらないだとか。みんなに見られていることでより気分が高揚して力を発揮できます、というようなタイプのキャバ嬢。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京のキャバクラだ働くキャ バ嬢の心理についての話ですが

東京のキャバクラだ働くキャバ嬢の心理についての話ですが、まずセロトニントランスポーターというタンパク質があります。脳の中にセロトニンが出るときというのは、神経細胞同士のつなぎ目に放出されるんですが、セロトニンを分泌しちゃったら、「余ったセロトニンはどうなるの?」という疑問がわきません?
その余ったセロトニンを、セロトニントランスポーターが再取り込みをして、また分泌するというようなかたちになるんですね。
このセロトニントランスポーターの数が東京のキャバクラで働くキャバクラ嬢によって違う。基本的にキャバクラで働く人は多めなんですが。リサイクルポンプの数が違うというわけですね。リサイクルポンプの数が多い東京のキャバクラ嬢と少ないキャバクラ嬢と、中ぐらいのキャバクラ嬢がいます。
セロトニントランスポーターに関しては、これを多く作りなさいよと命令する遺伝子Lと、少なく作りなさいよと命令する遺伝子Sがあって、その組み合わせで、そのキャバクラ嬢のもっているセロトニントランスポーターの数が決まります。

・東京都北区、赤羽のキャバクラ『ナラ』
タグ:キャバクラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。